ギャンブル

夏競馬は荒れる?難しいってほんと?特徴や、傾向について説明します!

競馬は春と秋にGⅠレースが多く組まれ盛り上がる季節となりますが、夏競馬も魅力がもりだくさん!

「そもそも夏競馬ってなに?」

という初心者向けの項目から、ちょっとコアな夏競馬の知識も紹介します。

「荒れるし馬券が難しいから夏競馬はやらない」

というファンの方もいますが、競馬は春夏秋冬楽しいエンターテイメントですのでぜひこの機会に夏競馬も満喫しちゃってください!

夏競馬の格言ともなっている「夏は牝馬が強い」や「夏は白い馬が有利」という内容の真意もリサーチしているので、最後までご覧下さい。

夏競馬はいつから行われるの?

夏競馬は大まかに言えば7〜8月の2ヶ月間です。
ただ夏競の定義は大きく分けて2つあります。
一つは函館競馬が始まる6月中旬から、という節目です。
ただ6月中は東京や阪神といった中央場所の競馬場も開催されているため、まだ春競馬という捉え方をする人もいます。
そのためもう一つの考え方として、東京や阪神の開催が終わりローカル競馬場の中京、福島が開幕する7月に入ってからが本格的な夏競馬と認識されることもあります。

この記事では7〜8月を夏競馬という定義にして進めていきたいと思います。

夏競馬の開催場所は?

夏競馬が行われる競馬場は全部で6つあります。
北海道地区は6月中旬〜7月中旬が函館競馬場、7月中旬〜8月末が札幌競馬場。
関東地区は7月が福島競馬場で8月は新潟競馬場。
関西地区は7月が中京競馬場、8月が小倉競馬場となります。
特に函館、札幌の2つは夏にしか使われない競馬場なので夏競馬の象徴とも言える競馬場です!
涼しいので人にも馬にも最適な環境と言えますね!

夏競馬が荒れる理由4つ

「夏競馬は難しい…」
「よく荒れる気がする…」

という声がよく聞かれるのが夏競馬の特徴でもあります。
では根本的になぜ荒れるのか、ということを考察していきたいと思います!

直線が短く紛れが多い

夏競馬が行われるローカル競馬場は直線が短いコースが多いのが特徴です。
中央場所の東京は526m、阪神外回りは473m、京都外回りは403mと比較的長い直線コースで強い馬が力を発揮しやすいコースと言えます。
対して夏競馬が行われる競馬場は、中京412mと新潟外回り658mこそ直線が長いですが、その2つのコースを除けば直前が短いコースが多いのが特徴です。
新潟内回りは358m、福島は292m、小倉293m、札幌は266m、函館は日本一短くて262mしかありません。
そのため外を回すと距離ロスが生じ、内に行けば馬群が密集して満足に走れない可能性があるのでリスクが生じます。
それだけ能力がある馬でも力を発揮しにくいのがローカル競馬場の怖さでもあり、そのため紛れが生じて波乱が起きると考えられます。

不慣れな長距離輸送

レースに出走する競馬場までの輸送時間が通常よりも長いために力を出せずに終わってしまう馬がいます。

競走馬が普段過ごしているトレセンは中央場所(東京・中山・京都・阪神)に比較的近い場所に位置しています。
ただし夏競馬が行われるローカル競馬場へ向かうにはトレセンから距離があるため、普段の中央場所よりも長い時間をかけて輸送が行われます。
そのため環境の変化に敏感なサラブレッドは精神的に乱れてしまうこともあります。
個人的な見解としては、初めての競馬場に行く場合は、より一層サラブレッドはイレ込んでしまったり体重が減ってしまったりと輸送の影響が大きく出ると考えています。
人間でも初めての場所に行くときは少し緊張してしまいますよね。
慣れてくれば精神的に安定してくる馬もいますが、取り乱してしまう馬もいるため、実力馬であってもレースで力を出せずに結果的に波乱が起きてしまうという背景はあると思われます。

気温が高い

夏競馬と言うだけあって気温が高い環境下でレースが行われるため、レース前にバテてしまい力を発揮できずに終わってしまう馬もいます。
北海道で生まれ育つサラブレッドにとって夏の暑さはかなりこたえると考えられます。
どんなに強い馬でもその力を発揮できないと勝つことはできませんが、その要因として夏の暑さも挙げられます。

梅雨で馬場が悪化

夏競馬が始まる7月は梅雨の時期でもあり、雨の影響で馬場が悪化し道悪となって荒れるパターンもあります。
雨が得意な馬かどうかを事前に予想するのはなかなか難しいため、人気になっている馬でもいざ走ってみたら道悪馬場は全くダメということもあります。
逆に雨でパワーが要求される馬場を得意とする馬も潜んでいるため、そういった馬たちが通常以上のパフォーマンスを発揮して穴をあけるという傾向があります。

夏競馬のおさえておきたい特徴4つ

ここでは7~8月の夏競馬ならでは特徴をまとめておきたいと思います。
夏競馬の特徴を頭に入れて予想の仕方や競馬の見方も変えてみるといいかもしれません!

2歳戦がスタート

2歳のレースは6月から開始されていきますが本格的に始まってくるのは7~8月に入ってからです。
まだレースのキャリアが少ない馬たちのレースとなるため、普段の予想の仕方と違って調教や仕上がり具合に重点を置くのも手です。

3歳馬と古馬が対戦

ダービーが行われる5月末までは3歳馬は同世代の3歳馬同士でレースで競いますが、6月からは3歳馬と古馬(4歳以上)が一緒に走ることになります。
もちろん3歳馬限定のレースもありますが、条件戦などは基本的に3歳馬と古馬は一緒に走ります。
そこで3歳馬が勝つことが多いと、「今年の3歳世代は強いな~」と世代全体のレベルの評価が上がったりし、その後のレースでも予想では3歳馬を重視したりする傾向があります。

夏馬の存在

「気温」も重要な要素になってくるのが夏競馬の特徴なため、暑さに強い馬を見つけるのも夏競馬の楽しみ方の一つです。
例えばアレスバローズという馬は2018年の※サマースプリントシリーズのチャンピオンになりましたが、6~8月の暑い時期の成績は【2・3・1・1】(※2019年7月現在)と7回走って3着以内が6回もあります。

サマースプリントとは?

各シリーズ対象競走における着順に応じて、下表のとおり点数を1競走毎に与え、その合計得点がサマースプリントシリーズおよびサマー2000シリーズについては13点以上、サマーマイルシリーズについては12点以上であり、かつ、各シリーズ対象競走において1勝以上した馬の中から、合計得点が最上位の馬をシリーズチャンピオンとする。
引用元:http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/summer/2018.html

夏になると調子を上げてくる馬の代表的な例でもあります。
またエリモハリアーという馬は7月に開催される函館記念を3連覇という偉業を達成しており、毎年暑い時期、特に函館記念になると無類の強さを発揮した個性的な馬でした。
人間でも「夏が好きか、冬が好きか」という話はよく出ますが、馬も得意不得意があるので馬の気持ちになって走りを見てみると楽しいと思います!

雨なら道悪、晴れなら高速決着が多い

夏競馬はレースの決着タイムに特徴があります。
上記でも触れましたが7月は梅雨のシーズンのため雨で馬場が悪化することが多いです。
そのためにパワー勝負になって波乱が起こることがあります。
ただし反対に晴天が続くとタイムの速いスピード決着になることが多いのも夏競馬の特徴です。
その理由としては「芝の成長が早い」ということが挙げられます。
暖かい日差しに照らされ十分な散水が行われる芝は、夏の時期には特に成長が早いと予測できます。
小学校の時に習った「光合成」が盛んになるということでしょうか?!笑
そのためすぐに新しい芝が生えてきて、常に綺麗な馬場状態でレースが行うことができます。
そうなると馬たちも走りやすい馬場状態になるためスピード優先の「高速馬場」になります。
少し詳しく言うと、「野芝」という時計の出やすい芝のみを用いているというのも要因として挙げられます。

天候次第でタイムが大きく変わるのも夏競馬の特徴と言えるでしょう。

芝について勉強したい方は以下の本がオススメです!

夏競馬の予想のコツ4つ

ここでは実際に僕も実践している夏競馬を予想する上でのコツを紹介したいと思います!
「荒れる」からこそ予想にもついつい力が入ってしまうものです!!?笑

夏馬を探す

先ほども述べましたが暑い季節が得意か不得意かを考えるのが予想のコツです。
レース前の陣営のコメントにも
「暖かい時期になって体調が上向いてきた。」
「毎年夏に好成績をあげているからね。」
と夏競馬が得意だとアピールしてくれることもあります。
反対に「ちょっと夏バテ気味かも。」という不安を匂わせるコメントが出ることもあるので注意して見たいところです!
コメントを見つけたら昨年や2年前の夏の時期はどんな成績を残していたのか調べてみると面白いです。
逆に寒い時期の冬場の成績も調べてみると因果関係がつかめてきて、より納得する結論にたどりつけるかもしれません。
例えばストロングタイタンという馬は6~8月は【4・1・0・4】という成績なのに対し、12~2月【0・0・1・4】と、夏に強く冬に弱いのが特徴です(※2019年7月現在)。
陣営も「夏が得意」とコメントしていますが、実際の成績を調べてみても「気温」が成績に及ぼす影響は大きいと考えることができます。
このようにして季節によっての馬の成績を調べてみるのも夏競馬ならではの予想のコツと言えるでしょう。
競馬新聞によっては季節別の成績が掲載されているのでチェックしてみてください!

もうひとつ血統的なポイントを付け加えるならステイゴールド産駒です。
夏競馬で好成績を挙げている血統です。
ステイゴールド産駒は総じてメンタルが強い馬が多いため、暑さにもヘコたれずガッツで走れる馬が多いのかなぁと推測しています!
今後はステイゴールドの血を引いているオルフェーヴル産駒も夏に好成績を挙げるのではないかと予想しています!

小回り向きの持久力タイプの馬を狙う

「夏競馬が荒れる理由4つ」にも書いたように直線が短い(小回り)コースで行われるのが夏競馬の特徴でもあります。
そのため直線で「切れる」脚を使う馬よりも、コーナーから加速していって粘り込む「長くいい脚」を使う馬を狙うのが予想のコツです。
速い上がり3Fを使えない馬でもチャンスが出てくるのが小回りコースの傾向なので、好走したときの上がり3Fが35~36秒ほどかかっている馬を狙うと面白いかもしれません。

【競馬初心者向け】上がり3ハロンとは?|レースごとのランキングも合わせて紹介!競馬予想をしていると必ず出てくる専門用語が「上がり3ハロン」。 「「上がり3ハロン」ってどういう意味?!」 「なんで注目されているの...

滞在競馬でイレ込みが軽減!?

普段イレ込んで力を出せていない馬が夏競馬では狙い目です!
夏に開催される競馬場の中でも「競馬場に滞在することができる」ところがあります。
主に滞在馬が多いのは札幌、函館です!
滞在先の競馬場ではトレセンの替わりに競馬場で調教を積むことができ、レースにもそのまま競馬場で出走することができます。
「夏競馬が荒れる理由4つ」に書いた「長距離輸送」がないため、馬たちはリラックスした状態でレースに挑むことができるのが滞在競馬の大きなメリットです。
普段はトレセンから競馬場への輸送でイレ込んでしまいがちな馬でも、滞在競馬ではイレ込みが軽減されてレースに集中し激走!というパターンは多いので注意が必要です。
滞在しているかどうかは競馬新聞の「調教欄」を見てチェックすることができます。
調教場所が競馬場になっていれば、それは競馬場で調整されているということです。

持ち時計に注目

「夏競馬のおさえておきたい特徴3つ」にも書いたように高速決着になりやすいのも夏競馬のポイントです。
そのため高速決着が得意かどうかは「持ち時計」を見て判断する必要があります。
速いタイムでのレースで成績を残しているかどうかで「高速決着」への適性を予想することができます。

夏競馬の格言を徹底解剖!

ここでは夏競馬でファンの間でささやかれている競馬格言を検証してみたいと思います!
一度は聞いたことがある格言だとは思いますがその真意はいかに!?
2014~2018年の7~8月のデータを用いてリサーチしてみました!

夏は牝馬が強い説

夏は牡馬よりも牝馬が強いという説があります。
結論から言えば、「やや牝馬が強い」と言えます!
では実際のデータをご覧下さい!

・牡馬、セン馬

勝率連対率複勝率単回値複回値
7.6%15.0%22.5%7173

・牝馬

勝率連対率複勝率単回値複回値
6.9%14.0%21.0%7777

勝率などは牡馬の方が優秀ですが、注目したいのはた右二つの項目です。
「単回値」と「複回値」は回収率のことなのですが、ともに牝馬の方が77%と優秀です。
ただしこれは小さな差と言えるかもしれません。
個人的にはそこまで「夏は牝馬」を意識しなくてもいいと思っています!

僕が唱えたいのは「夏は牝馬が強い」のではなく、「牝馬は冬が苦手」ということです!
寒い時期の牝馬の成績をご覧下さい。

・牝馬(12~2月)

勝率連対率複勝率単回値複回値
5.5%11.2%17.1%6565

上記の夏(7~8月)と比較すると勝率や回収率など全て数値は低下します。
これは冬場の方が乾燥して「パワー」が要される馬場状態が多いからだと考えています。
やはりパワー勝負になると牝馬よりも牡馬に分があるからでしょう。

そのため「夏は牝馬が強い」という事実は認めつつも、裏を返せば「冬の牝馬は割引」というのが真理だと言えると思います!

夏は白い馬が強い説

夏は暑く日差しが強いため、「光の吸収が少ない白い馬の方が有利なのではないか!?」という説があります。
理科の実験で習ったアレです!笑
黒いものほど光を吸収して熱くなりやすく、白いものほど吸収が抑えられるという考えです。
オカルト的な要素もありますが、実際に調べてみました。笑

毛色別 連対率ランキング

毛色勝率連対率複勝率単回値複回値
白毛18.2%27.3%27.3%5046
芦毛7.7%15.4%21.9%6972
青鹿7.8%15.2%22.9%6879
栃栗7.2%15.1%24.5%203111
青毛7.4%15.1%22.8%5667
鹿毛7.1%14.5%21.8%7074
栗毛7.5%14.4%21.4%7275
黒鹿7.1%14.4%21.8%8575

これは面白い結果になりました!
連対率順にランキングを作ってみると、最も白い白毛が1位!
そして次いで白い芦毛が2位という結果になりました。
このデータからは「夏は白い馬が強い」という結論を出してもいいでしょう。

ただ回収率は水準級というのがポイントです。
つまり成績は優秀ですが、馬券を買うファンもそれは熟知しているので夏は白い馬が馬券でも売れているということです。
そのため確かに白い馬は好成績ですが、馬券的な妙味はない、というのがここでの結論としたいと思います。

まとめ

  • 夏競馬は荒れる要素が盛りだくさん!
  • 夏馬を探すのも楽しみのひとつ!
  • 馬券格言は馬券的には妙味がない

夏競馬が荒れる要因としては、小回りコースが中心になることやローカル競馬場での開催で不慣れな長距離輸送で力を発揮しにくいことが挙げられます。
また炎天下の中でレースが行われると人とおなじようにバテてしまう馬も出てきます。
梅雨のシーズンでもあり馬場が悪化し道悪馬場での開催も荒れる要因となっているひとつでしょう。
ちょっと考えただけでもこれだけの複合的な要素が出てくるので、夏競馬の馬券は一筋縄ではいかないことがわかります。
でもだからこそ研究する価値があります!
人と同じように馬にも得意不得意があるので、それぞれ馬の個性をつかんであげるとより競馬が楽しくなってくるでしょう。

昔から言われている競馬格言は今や知れ渡っていて馬券的な妙味はないので、ぜひ自分だけの格言を見つけ出してみてください!

ABOUT ME
アバター
鈴木ショータ
競馬記者! ギャンブルだけでない、 競馬のロマンと感動を 多くの人に伝えていきたいです!! 夢は最高入場者数19万6518人を集める!!
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!

うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、競馬求人の最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!