ギャンブル

三連単を攻略しよう!フォーメーション、ボックスや点数計算の方法

競馬において多くの人を魅了するのは、一攫千金の高額払い戻し!
馬券の中でも、最も爆発力があるのが3連単であり、馬券の売り上げもナンバー1!
この記事では、3連単の仕組みや、3連単に向いている人、オススメの買い方や点数の計算方法など、3連単の魅力や注意点を全て紹介します!
知らずに買い続けると最も負けるのも3連単であるので、しっかり目を通して最後までご覧ください。

三連単とは?三連複との違いも!

1着、2着、3着を全て順番通りに当てる馬券で、馬券の中でも的中させるのが最も難しい馬券です。

2004年よりJRAでは導入され、当時は9~12レースのみの販売でしたが、2008年より全レースで購入することができるようになりました。
2019年のJRA事業報告書によると、馬券の売り上げのうち最大シェアとなる31%が、3連単による売り上げで、競馬ファンの中で最も人気のある馬券と言えます。

その人気の理由は、なんといっても一攫千金を狙えるハイリスク・ハイリターンの馬券だからと言えます。

ちなみに正式には、「馬番号三連勝単式勝馬投票法」という名前です。

似たような馬券としては、3連複が挙げられます。
3連複は、「3連単の順序どおりに当てなくいいバージョン」です。
つまり、1~3着に入る3頭を当てれば的中になります。
3連複も、3連単に次ぐシェア20.5%を誇る人気の馬券になります。
この3連複、3連単だけで、シェア50%を超えており、この「3連系」馬券が、今の競馬界では主流の馬券になっております。

三連単はこんな人にオススメ!

3連単を買うのに向いているのは、下記の3つに当てはまる人になります。

  • 常に一発逆転で、ホームラン狙いをしたい人
  • 潤沢な資金がある人
  • 的中が1日に1回程度しかなくても、我慢できる忍耐強い人

3連単は、当たればほぼ万馬券(100倍以上)となり、平均配当も14万円(2019年)にも上ります。
まさにドリーム馬券と言えるハイリターン馬券なので、三振かホームランか、の一か八かの勝負をしたい人に向いています。

また、馬券の点数も、他の券種と比べて増えてしまうため、潤沢な資金が必要になります。
1レースあたりの軍資金も他の券種に比べると多くなりますし、的中することも少ないため、資金が底を尽きないようにリスクマネジメントをする必要も出てきます。
ハズれ続けてもいいように、最初から豊富な軍資金を持っている必要があります。

ハズれ続けると、精神的なダメージも大きくなります。
そこでも、ブレずに挑み続ける鋼のメンタルが3連単には必要です。

安定して的中させたい方や、少ない資金で競馬を楽しみたい方には向いていない馬券とも言えます。
コツコツ派は単勝、複勝、一発逆転派は3連単がオススメです。

三連単の買い方4つ

3連単の買い方を紹介します。
自分の予想に合わせて、最適な買い方をすると良いでしょう!

流し

流し馬券とは、軸となる馬を1頭、または2頭決めて買う時に便利な方法です。
例えば、『⑤番を軸にして、2~3着は⑥⑦⑧⑨⑩番で決まりそう』と予想した時には、3連単⑤→⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑦⑧⑨⑩(20点)の馬券を買うことになります。
このことを⑤番から⑥⑦⑧⑨⑩に流す、と言います。

僕の場合は、確実に1着に来るであろう馬がいるときには、3連単流しを使います。
ただ、後に説明するフォーメーションの方が、より点数を絞ることができるので、個人的にはあまり3連単流しをオススメしません。

マルチ

マルチ馬券とは、流し馬券を応用したものです。
結論から言うと、1頭軸マルチの場合、買い目も3倍になりますが、的中率も3倍になります。
例えば、上記の流しの例では、

3連単⑤→⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑦⑧⑨⑩

のように買いましたが、これをマルチにするというのは、

⑤→⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑦⑧⑨⑩(20点)
⑥⑦⑧⑨⑩→⑤→⑥⑦⑧⑨⑩(20点)
⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑦⑧⑨⑩→⑤(20点)

の3パターンをまとめて買うことを言います。
流しと比べて、購入点数も20→60点と増えますが、的中する確率も3倍になります。
軸の⑤が1~3着に入れば、何着であっても的中になります。

3連単マルチと3連複の使い分けはどうすればいいの?

また、言い換えれば、3連複を⑤から⑥⑦⑧⑨⑩流しで買っているのと同じ、と言えます。

では3連複とはどう使い分ければいいのか。
ズバリ、1着に人気薄が来ると思うなら3連単マルチ。
1着に比較的人気馬が来ると思うなら3連複の方が有効です。

鈴木ショータ
鈴木ショータ
僕の場合は、本命にする穴の軸馬が、『1着まで突き抜けるかも!』と予想した際には、3連単1頭軸マルチを使います。
最悪でも3着に入れば的中になりますし、2着または1着まで来れば、3連単の配当は跳ね上がりますので、ボーナスのような形になります!
反対に、『よくて3着までかなぁ』と予想した場合は、3連複にします!

ボックス

ボックス馬券は、選んだ馬の全ての組み合わせを買う馬券になります。
例えば、⑤⑥⑦の3頭ボックスなら下記の6点になります。

⑤→⑥→⑦
⑤→⑦→⑥
⑥→⑤→⑦
⑥→⑦→⑤
⑦→⑤→⑥
⑦→⑥→⑤

これはすなわち、3連複⑤⑥⑦の1点勝負をしていることと意味は同じです。
では、3連複1点買いと、3連単3頭ボックスはどちらが得なのか。
人気順に決着すると思う場合は、3連複。
穴っぽい馬が上位に来ると思うなら3連単3頭ボックスがオトクです。

特にボックス馬券は、べらぼうに点数が増えていくのでオススメしません。
3連単を買うなら、後述するフォーメーションがオススメです!

鈴木ショータ
鈴木ショータ
僕が3連単ボックス馬券を買う時は、展開や馬場にヤマを張るときや、『3強ムードでも、人気通りには決まらないだろう』といったときです。
逃げ先行馬の3連単3頭ボックスや、反対にハイペースになりそうなときには、追い込み馬ボックスなどを買います。
また1~3番人気が強そうなレースでも、『3番人気→2番人気→1番人気の順に決まる可能性もあるよなぁ』と予想するときは、3連複でなく3連単ボックスを活用することがあります!

フォーメーション

3連単フォーメーションとは、流しやボックスと比べ、1着、2着、3着に入る馬を自由自在に買える方法です。
3連単を買う場合は、このフォーメーション買いを最もオススメします。

流し馬券では、下記のように、20点(各100円だと合計2000円)かかりますが、

⑤→⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑦⑧⑨⑩(20点)

フォーメーションでは、以下のような買い方ができます。

3連単フォーメーション
⑤→⑥⑦→⑥⑦⑧⑨⑩(8点)

1着が⑤番、2着が⑥⑦番、3着は⑥⑦⑧⑨⑩番と予想した時には、こうしたフォーメーション買いがオトクです。
流しで買うよりも、点数も20→8点に減らすことができます。

『⑥⑦は2着まで来る可能性があるけど、⑧⑨⑩は頑張っても3着までだろうなぁ』と予想した時には、流し馬券にせず、フォーメーションで、より買い目を絞る(減らす)と、無駄なお金を使わずに済みます。

【買い方別!】三連単の点数計算方法

ここでは3連単の簡単な計算方法をお伝えします。
公式さえ覚えてしまえば、全てを暗記せずとも、すらっと点数が計算できます。

1頭軸流しの計算方法

1頭軸流しの場合の点数計算方法は、下記になります。

点数=(相手に選んだ頭数)×(相手に選んだ頭数-1)

実際に計算すると⑤→⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑦⑧⑨⑩の場合は、

5×4=20

で合計20点になります。

ボックスの計算方法

次にボックスの計算方法です。
ボックスは少しステップアップするだけです。

点数=(選んだ頭数)×(選んだ頭数-1)×(選んだ頭数-2)

で全て計算できます!

3頭ボックス→3×2×1=6点
4頭ボックス→4×3×2=24点
5頭ボックス→5×4×3=60点
6頭ボックス→6×5×4=120点

といった具合です。
この式さえ覚えてしまえば、何頭ボックスでも簡単に計算できます。
ちなみに馬単の場合は、点数=(選んだ頭数)×(選んだ頭数-1)をするだけなので、3連単ボックスよりもさらに簡単です。
いろんな券種に応用できる公式なので、ぜひ覚えてみてください。

三連単のオッズの見方

3連単のオッズに関しては、JRAのHPなどで見ることができます。
買おうと思っている全てのオッズを確認するのはかなり手間がかかるので、オッズを全てチェックするのは現実的でありません。
3連単は、宝くじ感覚で、「当たったらいくらだろう?」くらいのワクワク感でいるのが得策かもしれません。

三連単の点数早見表を参考にしてみてください。
https://www.jra.go.jp/kouza/useful/hayamihyo/

三連単の疑問Q&A

ここでは3連単にまつわる、よくある質問をまとめておきます。
気になった方はぜひチェックしてみてください。

三連単を全通り買うとどうなる?

一発の偶然狙いで大勝ちする可能性もありますが、統計的には、”絶対に勝てない”と言い切れます。

全通り買うには、まずかなりの資金が必要になります。
日本で最多頭数となる18頭立ての場合は、前述した公式にあてはめると点数は、18×17×16=4896点になります。
すなわち、1点100円だとしても、48万9600円必要になります。

これだけの軍資金を集めるだけでも大変ですが…。
それでも3連単全通り買いをしてみたいという方は、予想に予想を重ねて、大波乱の高配当が出ると思うレースに絞って買うことをオススメします!

現に2019年でも、3連単の最高配当で、約1800万円というのが出ています。
運よくそのレースで全通り買っていれば、大勝ちしていた計算になります。
宝くじ感覚で夢を見たい方は、生涯で何回かだけ大博打をしてみてもいいかもしれません。

しかし1年間全体で見ると、大損するので注意してください!!
1年間、全レースで3連単全通りを買った場合、購入資金は2億6437万3200円かかります。
払い戻額は、約1億8955万5600円になります。
収支は、約-7500万円です。

3連単全通りは、買い続けると恐ろしいほど負けることがわかると思います。
夢を見れる3連単も、全通りを買い続けるだけでは、悪夢しか見れません。

統計的に3連単全通り買いをやれば、絶対に負けるので、そこだけは肝に銘じておいてください。

三連単の最低配当は?

一撃必殺のイメージの強い3連単でも安い配当の時もあります。
過去に最低配当となったのは、2008年の6頭立てだったレース。
少頭数のうえに人気通りに決着し、3連単の払い戻しは330円。
6頭立てということは、全通り買っても120点ですが、全通り買っていても、1万円以上のマイナスになってしまう計算です。

三連単の過去最高配当額は?

3連単の最高配当としては、2012年に記録された2983万29500円となっています。
レースは新馬戦で、14番人気→12番人気→10番人気で決着しました。
しかもこの新馬戦、2着が同着となってこの金額です。

つまり、的中となる3連単は2通りあって、1つがその2983万29500円。
そして、もう1つの的中となった方も、1491万6520円の配当になっています。
同着でなければ、約6000万円の配当になっていたと推定される超大荒れレースでした。

ちなみにそのレースで1着となったミナレットは、2015年のGⅠヴィクトリアマイルでも波乱を演出しています。
最低18番人気で3着に逃げ粘り、3連単の配当は2070万5810円。
こちらの記録もまた、歴代5位の高配当記録になっています。
ミナレットのファンは生涯で大勝ちしたのでしょう(笑)

鈴木ショータ
鈴木ショータ
地方競馬でも、3連単2848万1550円という配当が出ています。
他の公営競技の最高配当は、オートレース1572万1720円 競輪が476万700円、ボートレース68万2760円ですので、やはり競馬は夢があると言えるでしょう。

まとめ

  • ハイリスク・ハイリターンの馬券
  • 大勝ちもあるが大負けもあり、潤沢な資金が必要
  • 全通り買いは、統計的に絶対に負ける

ハイリスク・ハイリターンで、夢もある一方でリスクがあるのが3連単馬券の本質です。
闇雲に買うと最も負けやすい馬券であるので、3連単フォーメーションなどで、工夫を凝らして勝負していただくことをオススメします。

ABOUT ME
うまペディア編集部
うまペディア編集部
競馬総合情報サイト「うまペディア」編集部です。競馬のイロハや、馬券予想についての疑問、競馬初心者に向けたHOWTO記事などを多数掲載していきます!サイトに載せさせていただける大学競馬サークル随時募集中!気軽にご連絡ください♪
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!
うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!