GIレース分析

【2019年版】GIレース紹介!「桜花賞」について!予想分析、レース傾向について細かく解説!

4月に入り桜も見頃になりました。
そんな季節を代表するようなレースが今回ご紹介する桜花賞です!

桜花賞とはどんなレースなのか、馬券を買う上で気をつけたいポイントを血統や枠順などのファクターを見ながら紹介していきます!
クロノジェネシス、グランアレグリア、ダノンファンタジーなど強力馬ぞろいですが、個人的に注目している馬は…!?
2019年の桜花賞について詳しく解説していきますので、是非最後まで読んでみてくださいね!

「桜花賞」ってどんなレース?

桜花賞は阪神競馬場の外回り1600mでおこなわれるレースです。
出走馬の条件は3歳牝馬のみでどの馬にとっても生涯一度きりの舞台になります!
3歳牝馬限定のレースは他にも5月末にあるオークス(優駿牝馬)、10月にある秋華賞があり、これら3つのレースを「牝馬3冠」と呼びます。
牝馬3冠を成し遂げるためにはまずこの桜花賞を勝たないといけないので、「3冠レースの開幕戦!」といった位置づけになります。

「桜花賞」というレース名の通り、桜並木をバックに駆け抜けていく少女たちの姿はとっても素敵なので、ぜひ阪神競馬場にライブ観戦しにいくことをオススメします!
毎年桜が散ってしまうのではないか、と心配されているのですが、不思議と「阪神競馬場の桜は桜花賞の時期まで踏ん張る」という都市伝説もあるくらい立派に咲いています。

「桜花賞」予想についてレースの特徴

ここからはみなさんお待ちかねの馬券検討に役立つコーナーです!笑
血統や枠順、阪神競馬場の特徴などから好走しやすい馬の傾向を探っていきます!
最終的な僕の予想は競馬エイト紙面でご確認ください!
※データは全て過去10回分です。

「血統」から見たレース傾向と見解

種牡馬の傾向を見ていくことにしましょう!

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ディープインパクト4- 4- 1-19/2814.3%28.6%32.1%
キングカメハメハ2- 0- 2- 4/ 825.0%25.0%50.0%
ダイワメジャー1- 0- 1-11/137.7%7.7%15.4%
スペシャルウィーク1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%
ロードカナロア1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
ヴィクトワールピサ1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
マンハッタンカフェ0- 1- 1- 5/ 70.0%14.3%28.6%
ハーツクライ0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%
クロフネ0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%
ステイゴールド0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%

集計期間:2009. 4.12 ~ 2018. 4. 8
ソート:着別度数順

ディープインパクト産駒の活躍が目立ちます!
ただ2011~2014年は【4・2・0・4】なのに対し
2015~2018年は【0・2・1・15】。
僕はディープインパクトから競馬を見始めてディープが一番好きな馬なのですが、やはり勢いは少しずつ衰えてきているいうのが現実かもしれません(泣)。
キングカメハメハ、ダイワメジャーといったリーディング上位の種牡馬がこのレースでも強いです。
ロードカナロア産駒はまだ出走数が少ないですが、アーモンドアイが勝利したようにこれから活躍が期待できそうです。

「枠順」から見たレース傾向と見解

外回りコースになってからは枠順の有利不利はなくなったと言われています。

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0- 1- 1-17/190.0%5.3%10.5%
2枠0- 0- 0-19/190.0%0.0%0.0%
3枠1- 1- 0-18/205.0%10.0%10.0%
4枠2- 2- 0-16/2010.0%20.0%20.0%
5枠4- 0- 4-12/2020.0%20.0%40.0%
6枠0- 2- 2-16/200.0%10.0%20.0%
7枠2- 2- 2-24/306.7%13.3%20.0%
8枠1- 2- 1-26/303.3%10.0%13.3%

集計期間:2009. 4.12 ~ 2018. 4. 8

10年以上前は阪神競馬場には外回りコースがなかったため、内枠有利というのが定説になっていました。
ですが、有利不利をなくすためにコースが改修されて、今はそれほど大きな差はないと言えます。

「桜花賞」のコースの特徴

最後の直線は476.3mあり、これは新潟外回り、東京に次ぐ3番目の長さです。
外回りの広いコース設定なのでペースが緩みやすく、「いかにためていかに切れるか」という末脚勝負になりやすいのがコースの特徴です。
末脚勝負に強い馬は人気になりやすい傾向にあり、桜花賞でも人気馬が順当に好走しています。
1~3番人気の成績は【7・8・3・12】と優秀な成績で、複勝回収率も108%に上ります!

つまり「人気馬に逆らわずに買った方がいい!」というのが阪神芝1600mの特徴と言えます。

前走のレース別分析

「前走でどのレースを使っていたか」というのも予想の重要なポイントです。

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
チューリG37- 4- 6-24/4117.1%26.8%41.5%
エルフィ1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%
フィリーG21- 0- 2-53/561.8%1.8%5.4%
シンザンG31- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
クイーンG30- 2- 0-15/170.0%11.8%11.8%
フラワーG30- 1- 1-10/120.0%8.3%16.7%
チューリG20- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%

集計期間:2009. 4.12 ~ 2018. 4. 8
ソート:着別度数順

前走でチューリップ賞を使っていた馬が圧倒的な成績を収めています。
チューリップ賞は桜花賞に向けたトライアルレースで、全く同じ阪神芝1600mで行われています。
桜花賞よりも1ヶ月前に開催されるため、間隔が詰まりすぎず余裕を持って本番の桜花賞に向かえる、というのが好走の要因でしょう。

そのため「前走チューリップ賞組」を全て買うだけでも単勝、複勝の回収率は100%を超えてプラス収支になってしまいます!

最下部にも「チューリップ賞」がありますが、これは2017年まではGⅢで行われていたのが2018年からはGⅡに格上げになったため、別レースとして記載しています。

フィリーズレビューも桜花賞のトライアルレースですが、こちらは阪神内回りの1400mのため、本番の桜花賞とは距離も直線の長さも違うため、本番につながりにくい結果となっています。
ただし、「全く本番と違う条件でも走れていた馬は強いかも」という仮説を立てることができます。

フィリーズレビューで1番人気に支持された実力馬で2着に敗れてしまったレーヌミノルは桜花賞では8番人気1着、2016年アットザシーサイドは6番人気3着と好走しました。
フィリーズレビュー組の取捨は、「阪神内回り1400mだから好走できただけ」と軽視するか、
「桜花賞と異なる阪神内回り1400mでも好走できたのだから相当強い!」と逆に評価を上げるかがポイントになります。

2019年「桜花賞」今年の注目馬は!?

ここからは2019年の桜花賞で僕が注目する競走馬について説明していきたいと思います!

ダノンファンタジー

ダノンファンタジーは4連勝中!
前哨戦のチューリップ賞、同舞台のGⅠ阪神JFも優勝しています。
唯一2着と負けているのが新馬戦ですが、その新馬戦で勝利しているのがグランアレグリア!
その新馬戦のタイム1分33秒6は、東京芝1600mの2歳新馬戦では歴代最速です!
つまりそこで1着だったグランアレグリア、ダノンファンタジーは相当強いことが時計面からもわかりますね!

グランアレグリア

グランアレグリアは前走3着と敗れていますが、朝日杯FSは牝馬限定でなく牡馬相手のレースでした。
その上、関東所属の馬なので、阪神競馬場へは初めての長距離輸送があり、その影響も少なからずあったかもしれません。
朝日杯FSではパドックでイレ込みも目立ちました。
今回は2度目の長距離輸送なので、慣れがあれば落ち着きが保てるかもしれません!

クロノジェネシス

クロノジェネシスは4戦3勝で唯一負けたのが阪神JFでの2着。
阪神JFではダノンファンタジーに敗れたのでリベンジが期待されます。
騎乗予定の北村友一騎手は、1週前の大阪杯をアルアインで勝利しJRAのGⅠ初勝利を飾りました!
今、勢いがあるジョッキーが騎乗するというのも心強いですね!

ノーワン

フィリーズレビューを1着同着で制したノーワンは馬主がニューワールドレーシング所属の馬で、今年の3歳馬が初年度となるクラブです。
牡馬は日本ダービー、牝馬は桜花賞出走を目標としており、初年度からその目標を達成するという快挙を見せています!
「北海道の日高を盛り上げる」という理念で設立されたクラブで、ノーワンが走ることで生産界にも活気が出てきそうです!!

ラヴズオンリーユー

出走できない可能性もありますがラヴズオンリーユーも馬主さんに注目!
馬主名の「DMMドリームクラブ」というのはDMM.comなんです!
証券や動画配信などをやっているDMMがついに競馬界にも参入!
「感動の共有」を理念として掲げており、高値のGⅠ馬の弟や妹も1万口に分けて手軽に所有することができるシステムになっています。
ラヴズオンリーユーも兄にGⅠ馬のリアルスティールがいる血統で、非常に夢のある馬です!
桜花賞に出走できない場合は同日の阪神の忘れな草賞に出走予定です!

シゲルピンクダイヤ

もう一頭個人的に注目しているのがシゲルピンクダイヤ!

【2019年最新】随時更新!競走馬の変わった面白い馬名49選!ディープインパクトやブエナビスタ、ウオッカなどカッコいい名前の馬はたくさんいますが、競馬はそれだけじゃない! 名前を見ただけついつい応...

上記の記事でも紹介したように、「シゲル」さんの宝石シリーズです!!
チューリップ賞2着の成績で、そのときも◎よりも自信のある◉(マルドン)を競馬エイト紙面に打っていました。
ダノンファンタジーに負けはしましたが、「桜花賞では逆転もあるか!?」と期待しています。

まとめ

クラシックレースの開幕を告げるのが桜花賞!
無限の可能性を秘めた乙女たちが繰り広げるレースは見応え十分になるでしょう!
もちろん馬券もとれたらこの上ない幸せですね!笑
ぜひ馬券検討の際に上記のデータを参考にしてみてください。
みなさんの財布も満開になることを祈っております!!

ABOUT ME
うまペディア編集部
うまペディア編集部
競馬総合情報サイト「うまペディア」編集部です。競馬のイロハや、馬券予想についての疑問、競馬初心者に向けたHOWTO記事などを多数掲載していきます!サイトに載せさせていただける大学競馬サークル随時募集中!気軽にご連絡ください♪
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!

うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、競馬求人の最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!