GIレース分析

【2019年版】GIレース紹介!「オークス」の予想傾向や注目馬について説明します!

競馬が最も盛り上がる季節が5月です!
東京競馬場では5週連続でGⅠ競走が開催され、オークスはその3レース目になります。
ここではオークスのレースの位置づけや、馬券を買う上で気をつけたいポイント、そして今年の注目馬などまとめてあります!
最後までぜひご覧下さい。

「オークス」ってどんなレース?

オークスは別名「優駿牝馬」とも呼ばれるレースです。
出走条件は3歳牝馬で、牝馬3冠レースのうち桜花賞に続く2冠目になります。
桜花賞は1600m、3冠目の秋華賞は2000mなので、オークスは2400mと牝馬3冠路線では最も長い距離を走ることになります。
2歳や古馬の牝馬限定GⅠの中でもオークスの2400mが最長距離となります。
舞台は東京芝2400mで、日本ダービーやジャパンカップなどビッグレースが組まれているコースです!
2400mは3歳牝馬のほとんどの馬にとって未知の距離となるので、うまくスタミナを残して直線に向かえるか、がレースのみどころとなります!
桜花賞は桜の女王決定戦と言われるのに対し、オークスでは、Oak=樫という意味があることから、「樫の女王」決定戦と呼ばれることもあります。

「オークス」予想についてレースの特徴

ここからは馬券に役立つポイントもまとめておきます!
大穴がくるときもあるレースなので要チェックです!

「血統」から見たレース傾向と見解

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ディープインパクト3- 3- 3-22/319.7%19.4%29.0%
キングカメハメハ1- 1- 0-10/128.3%16.7%16.7%
ゼンノロブロイ1- 0- 2- 8/119.1%9.1%27.3%
ハーツクライ1- 0- 1-11/137.7%7.7%15.4%
スペシャルウィーク1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%
デュランダル1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
ロードカナロア1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
スズカマンボ1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
Frankel1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
マンハッタンカフェ0- 2- 0- 5/ 70.0%28.6%28.6%

集計期間:2009. 5.24 ~ 2018. 5.20
ソート:着別度数順

血統的に大きな偏りはありません。
ディープインパクト産駒の好走が多いですが、出走頭数も多く回収率の面でもそこまで優秀ではありません!
2400mなのでスタミナ血統を意識したくなりますが、個人的にはスタミナ力よりもスタミナを消耗しない”折り合い力”が重要だと考えています!
そのため血統的な背景を分析するよりも、デビューからのレース映像を見て「折り合りがつきやすい馬かどうか」を分析することが的中への近道だと思っています!

「枠順」から見たレース傾向と見解

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1- 2- 2-15/205.0%15.0%25.0%
2枠3- 1- 1-13/1816.7%22.2%27.8%
3枠0- 0- 2-18/200.0%0.0%10.0%
4枠1- 0- 0-19/205.0%5.0%5.0%
5枠2- 2- 0-16/2010.0%20.0%20.0%
6枠0- 0- 1-19/200.0%0.0%5.0%
7枠2- 3- 2-23/306.7%16.7%23.3%
8枠2- 1- 2-24/296.9%10.3%17.2%

集計期間:2009. 5.24 ~ 2018. 5.20

内枠か外枠、という極端な枠の好走が目立ちます!
やはり牝馬の方が繊細と言われるので真ん中の枠で内からも外からもプレッシャーをかけられるのは厳しいのかもしれませんね。

ただ「プレッシャーをかけられない好枠を生かせるかどうかは馬のタイプによりけり」といった側面もあると考えられます。
「プレッシャーをかけられない方が有利」ということは、「周りに馬がいない」ということなので、「いかに自分のペースを守って追走できるか」が鍵となります。
そういった意味でも上記に書いたような「折り合いがつきやすい馬」というのがこのレースでは大きなアドバンテージになるでしょう。
つまり、「折り合いに不安のない馬が内枠や外枠などの極端な枠に入った場合は買い!」と考えていいと思います!

前走のレース別分析

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
桜花賞G18- 5- 5-59/7710.4%16.9%23.4%
忘れな草2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%
フローラG21- 4- 4-35/442.3%11.4%20.5%
皐月賞G10- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
スイート0- 0- 0-22/220.0%0.0%0.0%
矢車賞500*0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%
500万下・牝*0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
フラワーG30- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
未勝利0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
水仙賞500*0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

集計期間:2009. 5.24 ~ 2018. 5.20
ソート:着別度数順

最重要ステップとなるのは1冠目の桜花賞に出走していた馬たちです!
特に桜花賞の1~3着馬は【7・4・4・12】と高い確率で好走します。
昨年にはアーモンドアイ、リリーノーブル、ラッキーライラックの3頭が桜花賞、オークスと上位を独占したのは記憶に新しいところです。
桜花賞の好走組がオークスでも直結しやすいのは、「ともに実力を問われやすいコースだから」と考察します。
桜花賞が行われる阪神競馬場の外回りコースも、オークスが行われる東京競馬場もともに直線が長いため小細工がききにくい実力差の出やすいコースと言えます。
そのため同じ馬が桜花賞でもオークスでも好走する、という流れができているのだと考えられます。

ただ今年の関して言えばフローラSの時計やラップが優秀なので、フローラS組の台頭も期待できるかもしれません!
今年は桜花賞馬となったグランアレグリアもオークスには出走してこないため、桜花賞組以外の馬にもチャンスがあるかもしれません。

2019年「オークス」今年の注目馬は!?

ここではオークスに出走を予定している馬の中から注目馬をご紹介します!
※最終的な出走馬はJRA等の情報をご確認ください。

ダノンファンタジー

ダノンファンタジーは2歳の時に阪神JFを制した2歳女王です。
1冠目の桜花賞では4着と敗れましたが巻き返しが期待されます。

クロノジェネシス

クロノジェネシスは桜花賞で、ダノンファンタジー、グランアレグリアと人気を分け合って3強と呼ばれたうちの1頭です。
桜花賞では3着でしたが、阪神JFで負けたダノンファンタジーには先着しており、力があるところは見せました。

シゲルピンクダイヤ

シゲルピンクダイヤは桜花賞では2着!
優勝したグランアレグリアはオークスには出走しないということで、桜花賞組では最先着の馬です。
桜花賞では人気がありませんでしたが、その実力は本物だと思います!
ダイワメジャーの産駒は短距離で活躍する馬が多いだけに、2400mという距離が最大のポイントとなりそうです。

ラヴズオンリーユー

ラヴズオンリーユーはデビューから3連勝の無敗の馬!
距離も2000mまで制しており、長い距離にも対応できそうです。
馬主名の「DMMドリームクラブ」というのはDMM.comなんです!
証券や動画配信などをやっているDMMがついに競馬界にも参入!
「感動の共有」を理念として掲げており、高値のGⅠ馬の弟や妹も1万口に分けて手軽に所有することができるシステムになっています。
ラヴズオンリーユーも兄にGⅠ馬のリアルスティールがいる血統で、非常に夢のある馬です!

まとめ

いかがだったでしょうか。
今年は1冠目の桜花賞を優勝したグランアレグリアが不在のため、どの馬にもチャンスがあると言えそうです!
初めての2400mという距離を乗り越えたものにオークス馬の称号が与えられます。
翌週に行われる日本ダービーと全く同じコースで、まさに”牝馬版ダービー”と言えるのがオークスなので、世代No.1がどの馬になるのか今から楽しみです!

ABOUT ME
アバター
鈴木ショータ
競馬記者! ギャンブルだけでない、 競馬のロマンと感動を 多くの人に伝えていきたいです!! 夢は最高入場者数19万6518人を集める!!
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!

うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、競馬求人の最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!