ギャンブル

競馬って儲かるの?約8年間馬券を買い続けている僕が気づいたことまとめ

今回のテーマは馬券ファンなら一度は思う「競馬って儲かるの?」という疑問について徹底解説します!
馬券ファンなら誰しも一度は、いや永遠のテーマとして競馬で勝ちたい!と思うことでしょう。
そんな夢を叶えるための道筋をここでは紹介していきたいと思います。

他のギャンブルとの比較や儲けるために必要なこと、そして今から取り組めることなど今後に役立つ考え方をまとめておきます。

鈴木ショータ
鈴木ショータ
この記事は、競馬で勝てる予想法を紹介するわけではなく、思考法を紹介する記事となります!

競馬って他のギャンブルと比べて儲かるの?

結論から言うと、「競馬は他のギャンブルより勝ちにくいが絶対に勝てないことはない」というのが僕の考えです。
競馬が儲かるかどうかを検証するために、まずは「期待値」という概念を紹介したいと思います。
「期待値」への理解を深めやすいように、競馬をはじめ他の公営競技などと比較して紹介致します。

「期待値」はなじみのある言葉で言えば「還元率」が近いかもしれません。
競馬の還元率は75%なのですが、これは馬券の売り上げが例えば100億円あったとしたらそのうちの75%=75億円を払戻金にあてます、ということです。
逆に見れば、主催者側が25%の売り上げを差し引いて払い戻しを行っているので、馬券を購入するたびに購入金額の25%は主催者側のものになっているということ。
つまり馬券を買い続けて長期的な目線でみると、その払戻金額は購入金額の75%に収束していくのです。
これが競馬ファンの使うワードで言えば、「回収率」が75%ということですね。
「期待値」というのはこの75%のことで、払戻金を平均すると購入金額の75%=0.75倍になっていくということです。

つまり期待値が高いギャンブルの方が儲かる確率は高いというのが一般的な考え方です。
では世の中にあるギャンブルの期待値を見ていきましょう。

ギャンブル名期待値
競馬75%
競輪75%
競艇75%
オートレース70%(2012年以前は75%)
パチンコ・パチスロ80~90%
宝くじ45%
ルーレット96%前後
ブラックジャック96~102%

※概算のため多少前後することもあります。

競馬を始め、競輪、競艇などもおおよそ75%の期待値となっています。
パチンコ・パチスロは80~90%となっていますが、これは全体的な数値です。
パチスロの設定5や6などの場合は期待値は100%を超えるため何百万回、何千万回も回せば期待値に収束するため確実にプラスになります。

最もポピュラーである宝くじは約45%の期待値となります。
多くの人が1セット3000円で購入しますが、これはつまり平均するなら 3000円×0.45倍=1350円になるという計算です。
なかには1億円当たる人もいれば、300円しか当たらない人もいます。
ただそれらを全て平均したら3000円が1350円になるということです。
この平均値のことを「期待値」と言います。
中学生の数学でも少し習いますね!

つまり宝くじは他のギャンブルと比較すると、なかなか儲けることが難しいギャンブルだと言えます。
(購入するほとんどの方は投資ととらえず娯楽として楽しんでいると思いますが。笑)

少し競馬から離れますが、最も興味深いのはブラックジャックの96~102%という期待値です。
期待値が変化するのはデッキに残っているカードによってディーラーが有利になったりプレーヤーに有利になったりするためなのですが、期待値の最大が102%ということはつまり、長期的にみてプレーヤーにも勝つチャンスもあるということです。
ここではブラックジャックの勝つ方法は割愛しますが、僕もカジノへ行ったら毎回プラス収支を達成しているので期待値が高いことは肌で感じています。
実際にエドワードソープさんというアメリカの数学者がブラックジャックでは勝てることを証明しており、実際のカジノでも利益をあげていたそうです。

また映画「ラスベガスをぶっつぶせ」もブラックジャックを題材にしており参考になる作品なので余裕のある方はぜひご覧下さい。

ここまでで期待値という概念をご理解いただけたでしょうか。
ここで必ず思い浮かぶ疑問があります。
それは「競馬は期待値75%なのだから長期的に見たら絶対に負けるじゃないか!」ということです。
しかしこの答えはNoです!
何も考えずに馬券を購入し続けた場合は確かに75%に収束していくと思います(もしくは75%以下になります)。
ただ注目すべきは、競馬が他の宝くじやカジノと異なり、主催者側との闘いではなくプレーヤー同士、馬券を購入するファン同士の闘いだという点です。
これはつまり、他の馬券ファンよりも予想が優れていれば期待値75%以上に勝つことは可能だということです。
馬券の売り上げの75%を的中した人たちに払い戻しするのが競馬の全体的な仕組みなので、少々アグレッシブな言葉で言えば、「金の奪い合い」ということなのです。
決して期待値75%という数字は他のギャンブルと比べて高くはありませんが、競馬は周りの馬券ファンよりも優れた予想法を用いれば期待値以上に勝てて、回収率100%を超えることも夢ではありません!

競馬で儲けている人は少なからずいる

競馬でプラス収支になっている人の明確な人数はわかりませんが、馬券ファン全体の2%などと言われています。
プラス収支の人で有名なのは、馬券裁判男として競馬界に衝撃を与えた卍さんでしょう。
独自の指数を構築し、100万円の軍資金から増やしていき、馬券を合計35億円ほど購入。
払戻金36億5000万円、つまり1億5000万円の利益を出した方です。
いろんな本が出版されているので気になった方はぜひご覧下さい。

競馬を投資として扱い、見事にプラス収支を実現した方です。
このように競馬も的確な分析力とシステムを作り上げる力があれば、期待値75%を超えるどころか100%超えも可能だということです。

もう一方、いえもう一社と言うべきか競馬で利益をあげていた会社があります。
少し前ですがデータ分析会社「UPRO(ユープロ)」という会社が、馬券で得た160億円の所得を隠していたという事件がありました。
海外の会社のノウハウを日本の中央競馬に用いて、3連単を多点数購入し利益をあげていたようです。
予想の仕方も大胆で、独自の予想プログラムを構築し、来る可能性の低い馬を除いた3連単を全て買っていたそうです!
資金配分も綿密に行い、オッズに応じて資金配分し、馬券を購入していたそうです。
こちらも競馬を投資として扱い、俯瞰的かつ長期的に馬券を買っていたと言えます。(参考:https://diamond.jp/articles/-/7116

競馬で儲けている人に共通する特徴5つ

ここでは競馬でプラス収支を出している人たちが実践していることを紹介したいと思います。
とは言ってもプラスの人を全員知っているわけではないので、個人的に大切だと思うことをまとめたので、それを踏まえてご覧下さい!

予想力

なんといっても最も必要なのがこの予想力です。
展開、血統、ラップ、調教、騎手、馬場、時計などあらゆる面からレースと馬を分析する力です。
ここでは予想力の高め方は割愛しますが、以下の記事でも少し触れているので気になる方はご参照ください!

【初心者向け!】現役競馬記者が、競馬予想の勉強に必要なことについてまとめてみた!今回は、現役トラックマンが競馬初心者に向けたオススメの勉強法についてご紹介! 競馬を勉強する場合、実際にどんな方法がオススメなのか、 ...

単勝と複勝の期待値は約80%になっているので、自分の本命馬の単複回収率が80%超え、90%、100%になってくれば予想力は向上したと言えるでしょう。

逆張り

予想力を向上させる上でも重要なのがこの逆張りという発想。
順張りと逆張りという考え方があり、簡潔に言えばマジョリティー(大多数)かマイノリティー(少数派)かということです。
競馬で勝つにはマイノリティー=逆張りの考え方が大切で、周りの人と違う発想が必要です。
株式投資の世界にも「人の行く裏に道あり花の山」という格言があります。

「他人と同じ売買を行っている限り、利益は得にくい。
むしろ、他人と逆の行動を素早くとることが大事」という教訓に。逆張り(トレンドに逆らって利益を狙う戦略)的な発想を象徴する格言の一つ。
引用元:https://media.rakuten-sec.net/articles/-/1246

僕はそれに倣って「人の行く裏に道あり”穴”の山」を座右の銘にしています!(笑)
これこそ上記にもある周りの馬券ファンよりも優れる必要があるということです。
社会で生きているとどうしても右倣へで周りの人と同じに合わせてしまいがちなものです。
特に日本人は集団意識が強く、「出る杭は打たれる」ということわざもあるほど!
ただ競馬においては人と同じじゃなくていいんです!

長期的な視点

競馬は1レース単位や1日単位で考えるのではなく、1000レース単位、または1年間単位など長いスパンで成果をみる必要があります。
これは期待値の収束に時間がかかるためです。
最もシンプルな例で考えると、サイコロを振ったときに出た目の回数です。
サイコロは1も2も3も4も5も6も全ての目は出る確率は6分の1ですよね。
ただサイコロを6回しか振ってないときに、1~6の目が全て1回ずつ出る可能性って極めて低いと思います。
でもそれが600回、6万回、6億回とサイコロを振ったときには1~6の目が出た回数はほとんどどの目も同じ回数になっているはずです。
これが確率に収束するということです。
「大数の法則」ともいうので気になる方はググってみてください。
「試行回数を増やすことで誤差が紛れて確率通りに収束する」という考え方です。

競馬に話を戻すと、期待値110%の理論を作り上げたとしても、110%に収束するまではかなりの時間と試行回数がかかるということです。
そのため1ヶ月実践してその理論の成果が出なかったとしても辞めることなく実践し続けるという長期的な視点が必要だと考えられます!

忍耐力

上記の「長期的な視点」にも関連してきますが、自分の理論を信じて我慢する力も必要です。
みな一度は経験したことがあると思いますが、馬券の買い方が定まらないときってありますよね。
自分には単勝が合っていると思って単勝を買い続けていても、今日は2,3着が多いから複勝に変更しよう、と思ったら次のレースで本命馬が1着になって単勝にしておけばよかった、なんて話はよくあると思います。
つまりその時の気分ですぐにスタイルを変えるのではなく、じっくり考え抜いたスタイルや予想理論を信じて、目の前の結果に左右されず貫く姿勢が大切です!
1度や2度の失敗や成功に感情が浮き沈みすることなく、自分のスタイルを貫く忍耐力が競馬には求められます。

資金配分

予想力と同じくらい重要になってくるのが馬券力です。
馬券力とはすなわち資金配分のことです。
破産をしないように資金を回転させていくことが大切で、自分の資金にあった賭け方を実践していくのがオススメです。
個人的に実践しているのは、「資金1%投資法」です。
簡単に言えば、資金が100万円あるときはその1%に値する1万円を1レースで使います。
資金が50万円になれば5000円、200万円になれば2万円となります。
これは破産のリスクを減らし、かつ資金を増やすスピードも高めることができます。
資金配分に関しても上記の卍さんをはじめ様々な方が提唱されているので、興味ある方はググってみてください!

馬券で儲けるために必要なことは「実力以上に人気してない馬を見つけること」

上記のように馬券に勝つためには周りの馬券ファンよりも優れた予想をすることが必要になってきます。
それは簡潔に言えば、人気以上に走る馬を見つける技術を身につけるということです。
例えば、「夏は牝馬が買い」という格言は昔からありますが、今では一般的に広まりすぎて夏に牝馬だけを購入していても儲けることは難しいです。
ただしこの格言が広まる前に「夏は牝馬が強い」と気づいていた人は、夏に牝馬を買い続けるだけでプラス収支になっていた可能性があるということです。
これはほんの一例にすぎませんが、まだ多くの馬券ファンが取り入れていないファクター(要素)を取り入れて、それを信じて買い続けるというのが勝利へのポイントです。
人気以上に走る馬を見つけるというのは、他の馬券ファンが気づいていないで実力以上に人気をしていない馬を探すということです。
そういった意味で、周りの馬券ファンよりも一歩先を行き、広い視野で競馬を分析する必要があるのです!

競馬で儲かるソフトってあるの?

ここからは競馬予想ソフトにスポットをあててみます。
パソコンの力を持ってすれば競馬に勝つこともできるのでしょうか!?

馬王

上記の卍さんが使用していたのでは、ということで話題にもなったソフトです。
僕も使用していて過去に記事でも取り上げています。

【保存版】競馬ファン歴14年の僕が実際に愛用している競馬予想ソフトを紹介!今回は、「このソフトがなくなったらもう競馬やめるかも!」というくらい愛用している競馬ソフトを2つ紹介します! 電子化の波が世の中に...

オリジナルな指数や得点などで自動的に買い目が作成され、投票も自動でしてくれるという優れもの!

公式HPによると、1995年10月からの6万レースを超える中での回収率が驚異的です!

馬券回収率
単勝99%
馬連93%
ワイド96%
馬単96%
3連複93%
3連単98%

参考:http://www.baoland.com/

ソフトだけでプラスに持っていくことはできませんが、カスタマイズもできるので+アルファを自力で頑張れば競馬勝ち組への道も切り開けるかもしれません!

競馬予想AI MAMBA

将棋や囲碁など様々な分野で人工知能を取り入れてきたドワンゴ社がついに競馬に着手!
将棋電王戦などではプロ棋士を超える勝利を挙げ、結果も残してきています。
競馬でも早くも実績を挙げこれまで公式発表されている回収率は131%!!(参考:https://mamba.jinkochinobokin.nicovideo.jp/

競馬で儲けるために今からできること3つ

実際に競馬で勝つことはすぐには難しいですが、そのためにできることはたくさんあります!
結論から言えば努力なしに勝つことは難しいです!!
全ての物事に共通して言えることですが(笑)。
ここでは実際に僕がしてきたことも踏まえて紹介します。

勝っていると思われる記者や予想家を参考にする

自分が勉強になると思う競馬記者や予想家の考え方を参考にしてみるのがまずはオススメです!
最初はいろんな予想法を見てみてもいいと思います。
パドック、調教、血統、ラップ、適性など幅広くありますが、自分がビビっとくる予想法をしている人の本や文章を読みあさってみるのがいいと思います。
僕は客観的な数字をベースとするラップ予想に出会って、独自の理論を開発することに至りました。
具体的に言えば夏目耕四郎さんと半笑いさんのラップの本に影響を受けてからラップ予想の虜になり、今でも予想のベースとなっています。

人は得意不得意があると思うので、自身が得意な予想法をまずは見つけて、その考え方をマスターするのが最初の一歩としては良いかと思います!

オリジナルな予想法を見つける

参考にする予想家などを見つけたら、そこから自分だけのオリジナルな予想法を見つけるのがいいと思います。
それこそ誰にもマネできないで、オッズにも影響を与えずに馬券を買うことができるからです!
ここだけの秘密ですが、僕は血統なら母母父予想をしたり、新馬戦なら母出産時年齢予想などを取り入れています。
いろんな競馬予想法に触れたり、周りの友人たちがぽろっと言っていることを調べてみたりすると意外な発見があるかもしれませんよ!

当てると儲けるは異なることを理解する

予想法を構築していくにあたって肝に銘じておかなければいけないのは、当てることと儲けることは違うということです。
もちろん人より高い的中率を目指すことは大前提なのですが、馬券で勝つためには、「実力はあるのに過小評価されている馬」を見つけることが重要です。
人間どうしても「当てたい」という欲求があり、馬券を購入するからには「お金を失いたくない」という欲求も出てきます。
しかしそれで闇雲に1番人気などを買っていては利益をあげることは難しいでしょう。
一番最初にも書きましたが、期待値という概念を念頭において予想することは心にとめておくのが賢明です。

【番外編】競馬で投資はできるの?

近年話題となっているのが、競馬を投資として扱うという考え方です。
投資とは上記のように「多くの馬券ファンが取り入れていないファクター(要素)を取り入れて、それを信じて買い続ける」ということをシステマティックにしたもののことです。
実際にそれを実現したのが上記の卍さんです。
いくつかのファクターを組み合わせて独自の理論を作り、期待値の高い馬だけを機械的に購入し続ける。
これが競馬を投資として扱った場合の取り組み方になると思います。
独自の予想ファクターや理論を作るというのが最大の難点ではありますが、期待値が100%を超えるであろう独自の理論さえ完成すれば、長期的にみて期待値100%超えに収束していくので、機械的に購入していく投資としての競馬は完成します。
競馬を投資として行うことは可能と言えるでしょう!!

まとめ

今回は競馬で実際に勝つための予想法には触れませんでしたが、勝つために必要な思考法についてはかなり核心的なところまでお話しできたと思います!
最後までご覧いただいた方はわかると思いますが、競馬で勝つことはかなりの努力が必要です!
そして競馬全体の仕組みや期待値の概念を理解しないといけません。
その上でまだ他のファンが取り入れていない予想ファクターを見つけて独自の理論を開発するというかなり手間がかかる作業が必要となります。
僕は仕事上、競馬を研究するということが求められるので自然と取り組んでいますが、普通の仕事をしながら競馬に充てられる時間は週末だけ、という方にはなかなかハードルが高い作業かもしれません。
僕も学生時代は何度も諦め、普通に馬券で負けてもいいしそんなに苦労はせずに純粋に競馬を楽しみたい、と思ったこともあります。
ですので「馬券で勝つことだけが競馬を楽しむ方法ではない」と言うことは最後に述べておきたいと思います!!
自分なりの競馬の楽しみ方を見つけてみてください!!

ABOUT ME
アバター
鈴木ショータ
競馬記者! ギャンブルだけでない、 競馬のロマンと感動を 多くの人に伝えていきたいです!! 夢は最高入場者数19万6518人を集める!!
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!

うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、競馬求人の最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!