ギャンブル

競馬用語「ガミる」の意味とは?|馬券でガミらない為のコツも合わせて紹介!

競馬をやっているとよく耳にする「ガミる」という言葉。
今回は、「ガミる」の語源や、意味について説明しています。
さらに、ガミるの原因は何なのか、ガミることを避ける改善方法も伝授します!
「トリガミ」をなくしていけば馬券の収支も良くなって行きますよ。

「的中はしてるのに思ったより儲からない」
「回収率をあげたい!」
「なんでトリガミになるのかわからない」

そんな方はぜひ、最後まで読んでみてくださいね!

「ガミる」とは「トリガミ」と同じ意味!


「ガミる」とは競馬用語で、「トリガミ」をしてしまった状況のことです。
「トリガミ」とは、馬券を的中させたのに損をしてしまったことを指します。
馬券を1000円購入して的中したのに払戻金が800円しかなかったら、収支は-200円となり、これは「トリガミ」ということになります。
そんな状態のときに「トリガミだわ~!」と言ったり、「ガミったわ~!」という風に使います!
(なるべく使う状況になりたくないですね。笑)

鈴木ショータ
鈴木ショータ
「トリガミ」は他のギャンブルでも使用頻度の高いワードです。
競輪、ボートレース、オートレースなどでも使えるギャンブル専門用語なので応用してみてくださいね!

「ガミる」の語源って?

「ガミる」は「トリガミをする」の略称です。

「タクる」→タクシーの乗る
「ディスる」→ディスリスペクトする

などの「~る」という言葉が現代にはあるように、「ガミる」はある意味最先端をいっていたのかもしれませんね!?笑

「トリガミ」の語源としては諸説ありますが、「(馬券を)獲ったのにガミ(損)を食ったというのが挙げられます。

「ガミ=損」という言葉を普段は使いませんから、ほぼギャンブル専門用語になっていますね。

ガミる原因は「当てたい!」と言う強い気持ちのせい!?

ガミる原因を端的に言うなら、「当てたい」という心にあります!

馬券を買って当たる喜びは何にも代え難い素晴らしいものです。
ただその当たる気持ちよさがやみつきになると、全てのレースで「当てたい」という欲求が生まれてきます。

それが「トリガミ」への入り口なんです!!
「このレースは難しいし総流しにしよう」
「1番人気になってる馬だし一応買い目に入れておこう」

そんな気持ちが芽生えてくるでしょう。
そして気づいたら多くの点数を買っていた、なんて経験はあると思います。

「当てたい」という気持ちで的中することだけに焦点をあてていたら、馬券で勝つことはほぼ不可能です!
つまり「ガミる」ことから脱却することができれば、勝ち組への道が開けます!
ではどのようにしたら「ガミる」ことがなくなるのか、以下で解説致します!

ガミらない為のオススメの馬券購法3選!


ここでは「ガミる」ことを避けるための方法を3つ紹介します!
「ガミる」ことがなくなれば収支がマイナスになることも少なくなります!
「当てたい」という気持ちを自分で制御することは難しいですが、以下の方法を実践すれば自然と「ガミる」ことは避けられるのでオススメです!

単勝や複勝にする

シンプルイズザベスト!!
単勝や複勝はオッズをすぐに確認できるので、ガミるかどうかの判断が馬券を買う時点でわかります。
3連複や3連単にすると何が何だかわからず、全てのオッズを把握することは不可能です。
オッズを確認して買えば「ガミる」ことも避けられるので、最も簡単な方法は単勝や複勝を買うことでしょう!

点数を少なくする

ガミる原因は「当てたい」という思いから「点数を買いすぎる」ことにあります。
単勝や複勝以外の馬券を買いたくなったときに気をつけたいのが、「点数を少なくすることです。

例えば2018年有馬記念の場合、1番人気レイデオロから2~8番人気を相手に馬連を買うとします。

馬連の買い目
  • 12-14 6.3倍
  • 3-12 9.3倍
  • 8-12 9.4倍
  • 5-12 19.5倍
  • 11-12 21.5倍
  • 6-12 24.5倍
  • 1-12 27.0倍

合計7点になりますが、もし12-14で決まった場合、払戻金は630円。
この場合、

購入金額700円ー払戻金630円=収支ー70円

となり「トリガミ」となります。

この場合の解決策としては、「6点以内に収める」または「12-14 6.3倍の目を買わない」ことです。

「当てたい」という思いからついつい点数を広げてしまいがちですが、「来たらあきらめる」というつもりでバッサリ切ることも大切です。

3連複や3連単になるとさらに点数は増えやすいので、点数を広げすぎないように細心の注意が必要です。
相手が絞れないときは、思い切ってバッサリ切るか、シンプルに単勝、複勝にするのがいいでしょう。

資金配分に気をつける

最後にご紹介するのは少し中級者向けの内容です!

実は投資額に気をつければ「ガミる」ことを避けるのはカンタンなんです!
僕も実践していることなので自信をもってオススメします!

名前をつけるとするなら「払戻金額統一法」です。
言葉で説明するよりもご覧いただく方がわかりやすいと思います。

先ほど例にあげた、2018年有馬記念で1番人気レイデオロから2~8番人気の馬連を場合で示します。
資金が1万円あると仮定すると、以下のように投資する額を配分します。

馬連の買い目オッズと投資金額=払戻金
12-146.3倍3000円=18900円
3-129.3倍2000円=18600円
8-129.4倍1900円=17860円
5-1219.5倍900円=17550円
11-1221.5倍800円=17200円
6-1224.5倍700円=17150円
1-1227.0倍700円=18900円

オッズによって投資額を変えることで、結果的に当たればどの目でも同じような払戻金になるのです!!
この場合はどの目が的中しても払戻金は1万7000~1万9000円になります。
全て同一金額(各100円)で投資したら、12-14の6.3倍で決まった場合、「トリガミ」になってしまいますが、この方法なら全く同じ買い目でも的中すれば絶対にプラス収支にすることができます!

手広く何点も馬券を買うときに、多くの人は「各●●●円」と同じ金額を投資してしまいがちです。
しかしオッズによって馬券購入額に強弱をつければ、「ガミる」ことはカンタンに避けることができちゃうんです!

僕は3連複をよく買っていて、1レース50点以上買うことも多いですが、しっかりと「払戻金額統一法」を使うことによって、的中した場合は大幅に利益をあげることに成功しています!

経験談!「相手がわからない」「絞れない」がトリガミを生む!

仕事でもありガチでやっている中央競馬ではガミったことはほとんどありません!
というかもう毎週たくさんのレースを買いすぎて覚えてません!笑
しかし娯楽でたまに行く地方競馬ではたまにやらかします!!笑

「本命馬から総流ししよう!」と思って点数を広げてしまったり
「そろそろ当てたいし5頭ボックスで多めに買おう」と思ってしまったり。

結局のところガミってしまうときって「相手がわからない、絞れない」ということがほとんどなんですよね。
それでも「当てたい」という気持ちが先行して、馬券を手広く買ってしまうのが「トリガミ」の原因なんだぁと肌で感じています(泣)。

「迷い」、そして「当てたい」という欲求。
それが入り交じることによって生まれるのが「トリガミ」という現象なのでしょう!
そんな心理的な部分まで考えてる人はいないと思いますが!笑

まとめ

  • 「ガミる」は馬券を的中させたのに損をしてしまったと言う意味
  • 「当てたい」という気持ちがガミる原因!
  • 多点数買うときは「払戻金額統一法」を利用

「トリガミ」は競馬ファンなら誰もが一度は通る道なので、全く恥じることはありません!
原因がわかればすぐに改善できることがわかったと思います!

論理的に「ガミる」原因や解消法を書いてきましたが、これは”馬券で勝つこと”を目的とするなら実践して損はないでしょう。
ただ根本的なことは、「何のために馬券を買っているか」だと思います。
多くの人は「馬券で勝ちたい!」と夢見ていると思いますし、僕もそうです。
でも時に「好きな馬の応援」だったり「娯楽」として馬券を買うときもあると思うんです!
そんな時は馬券で勝った負けた、というよりもまた違った楽しみがあると思うんですよね。

12レース馬券を買って10レース的中!でもマイナス収支
12レースやって1レースしか当たらなかったけどプラス収支!
どちらが楽しいかは人それぞれだと思います!
ですから「ガミることも決して悪いことではない!」というのが今回のまとめにしたいです!!

ABOUT ME
アバター
鈴木ショータ
競馬記者! ギャンブルだけでない、 競馬のロマンと感動を 多くの人に伝えていきたいです!! 夢は最高入場者数19万6518人を集める!!
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!

うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、競馬求人の最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!