GIレース分析

【2019年版】GIレース紹介!「日本ダービー(東京優駿)」を徹底分析!コース、血統、枠順など!

競馬の祭典が日本ダービー!!
ホースマン誰もが憧れ、サラブレッドにとっては一生に一度の夢舞台!
同世代約8000頭の頂点を決定する世代No.1決定戦です!

「◯◯ダービー」という言葉が世の中にたくさんありますが、その語源はこの日本ダービーです!

競馬界で最も大きいレースと言え、ホースマンのロマンが詰まったのが日本ダービーでもあります。
ロマン、ギャンブル、あらゆる面から見た日本ダービーをご紹介します!

「日本ダービー」ってどんなレース?

競馬界最高の舞台としての位置づけもあり、その栄光はホースマン誰もが憧れるものです!
ダービーを勝ったジョッキーや調教師は、「ダービージョッキー」や「ダービートレーナー」と呼ばれ、永遠にその栄光は語り継がれていきます。
他のレースでは「有馬記念ジョッキー」などと言うことは決してなく、それがダービーだけの特殊性を物語っていると言えるでしょう。

レース的な立ち位置としてはクラシック3冠レースの第2戦となります。
皐月賞、日本ダービー、菊花賞と続く3冠レースの2つ目です!

日本ダービーは関係者やファンの間では「最も運のいい馬が勝つ」と言われています!
ちなみに、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われています!

日本ダービーはホースマン誰もが憧れる夢舞台!
「世代の頂点を決めるレースで実力だけでは勝てない!」ということから「最も運のいい馬が勝つ」と言われています。

舞台は東京芝2400mで、出走できるのは3歳の牡と牝です。
とは言っても1週間前に全く同じコースで牝馬限定GⅠのオークスが行われているため、牝馬の出走はほとんどありません。

2400mという距離は初めてとなる馬も多いため、レース前半にうまく折り合いをつけてスタミナを消耗しないことがポイントとなります。
またスタート地点も大観衆の目の前なので、いかにイレ込まずにレースに臨めるか、という精神面も問われる一戦となります!

「日本ダービー」予想についてレースの特徴

ここからは馬券的な視点で日本ダービーを分析していきます!
「最も運のいい馬」が勝つのが日本ダービーですが、馬券は「運」だけで当てることはなかなか難しいのでしっかり研究しましょう(笑)。

「血統」から見たレース傾向と見解

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ディープインパクト4- 2- 3-24/3312.1%18.2%27.3%
キングカメハメハ2- 1- 2-15/2010.0%15.0%25.0%
ハーツクライ1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%
ステイゴールド1- 1- 0-10/128.3%16.7%16.7%
ネオユニヴァース1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%
King’s Best1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
シンボリクリスエス0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%
フジキセキ0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%
スペシャルウィーク0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
オルフェーヴル0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%

集計期間:2009. 5.31 ~ 2018. 5.27
ソート:着別度数順

ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライなどリーディングのトップ種牡馬が好成績を残しています。
東京芝2400mはダービーのほかにオークスやジャパンカップなどのビッグレースが行われる舞台で、「強い馬が力を発揮しやすい」です。
そのため血統も「強い順」に決まりやすいです。
またディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァース、スペシャルウィーク、オルフェーヴルと現役時代にダービーを勝った馬の名前も並んでいます。
「ダービー馬はダービー馬から」という格言があるのはこうした親子での活躍が多いからなんですね!

「枠順」から見たレース傾向と見解

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠4- 2- 1-13/2020.0%30.0%35.0%
2枠1- 1- 2-16/205.0%10.0%20.0%
3枠1- 0- 0-19/205.0%5.0%5.0%
4枠0- 2- 3-14/190.0%10.5%26.3%
5枠1- 1- 1-17/205.0%10.0%15.0%
6枠1- 3- 1-15/205.0%20.0%25.0%
7枠1- 1- 1-27/303.3%6.7%10.0%
8枠1- 0- 1-27/293.4%3.4%6.9%

集計期間:2009. 5.31 ~ 2018. 5.27

「内枠有利」が定説となってきています!
1枠が4勝と圧倒的な成績を残しています!

複勝回収率も1枠が117%、2枠も125%で、過去10年の傾向からは「1,2枠の複勝だけ買っていれば儲かる」というデータとなっています。
これはダービーの週からCコースが使用されていることが関係していると考えられます。
前の週までBコースとして使用していた芝コースの柵を、さらに外側に移動させることで内側の傷んだ部分をカバーできるためです。
2009年からダービー週からCコースを使用するようになったので、今後もこの傾向は続きそうです。

前走のレース別分析

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
皐月賞G19- 7- 4-65/8510.6%18.8%23.5%
京都新聞G21- 1- 1-19/224.5%9.1%13.6%
青葉賞G20- 2- 3-21/260.0%7.7%19.2%
プリンシ0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%
毎日杯G30- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
NHKマG10- 0- 0-26/260.0%0.0%0.0%
兵庫CG20- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
弥生賞G20- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
若葉S0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
桜花賞G10- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

集計期間:2009. 5.31 ~ 2018. 5.27
ソート:着別度数順

前走で「皐月賞」を使っていた馬ばかりきています!
この理由としては、「順調にきている馬は皐月賞に使うから」というのがあります。

クラシック牡馬3冠レースとしては皐月賞→日本ダービーと続きますが、賞金が足りなかったりで調整がうまくいかず皐月賞に出られなかった馬は、万全の状態で日本ダービーに出ることはかなり難しいです。
どの陣営も日本ダービーを目指して、そこから逆算して馬を仕上げていくので、ダービーで100%のデキに持って行くためには、まず順調に1冠目の皐月賞に出走していることが大切になります。

1番人気6着と敗れているダノンプレミアムや、1番人気3着だったアドミラブルも皐月賞には使えなかった馬で、ダービーで人気を集めるも敗れています。

また青葉賞組の苦戦もポイントです。
同じ東京芝2400mで行われるレースなので、「舞台適性はあるはず!」と飛びつきたくなるのですが、過去に青葉賞組がダービーを勝ったことは一度もありません!!!
この理由も上記のように、順調に皐月賞を使っていた方が有利というのと同じだと考えられます。

2019年「日本ダービー」今年の注目馬は!?

ここからは現時点でレースに出走を予定している馬の中から注目馬をご紹介します!
お気に入りの馬を見つけたらレース観戦が楽しくなること間違いなし!

※最終的な出走馬はJRA等の情報をご確認ください。

サートゥルナーリア

皐月賞馬のサートゥルナーリアが圧倒的な人気を集めそうです!

クラシック三冠の2つ目となるのが日本ダービーで、二冠への期待がかかります!

母のシーザリオも同じ東京芝2400mのGⅠオークスを勝っているので、距離も心配ありません!
ひとつだけ懸念点を挙げるなら、C.ルメール騎手が騎乗停止で乗れなくなってしまったということです。
テン乗りで日本ダービーを勝った騎手は1954年以来勝っていないというデータもあります。
代打で騎乗予定なのは短期免許で来日中のD.レーン騎手で、大舞台でいきなり結果を残せるかがポイントになりそうです。

ヴェロックス

皐月賞2着だったのがヴェロックス。
所有する金子真人オーナーはキングカメハメハ、ディープインパクト、マカヒキ、ワグネリアンでダービーを4勝しています!
「ダービー馬のオーナーになるのは一国の宰相になるより難しい」ということわざがありますが、それを考えると凄まじい成績だと言えます!!

ダノンキングリー

皐月賞3着のダノンキングリーは東京で2戦2勝!
ただポイントとなるのは2400mという距離です。
兄や姉はほとんど1600m以下で活躍しており、気性的に前向きな一族でもあります。
大観衆と2400mという条件下で平常心を保てれば面白い一頭です!

リオンリオン

リオンリオンは同じ舞台の青葉賞勝ち馬です。
青葉賞組はダービーを勝てない、というジンクスを打ち破ることができるでしょうか。

まとめ

ホースマンなら誰しも熱くなってしまうのがダービーの魔力です!!
「競馬ファンで良かったなぁ」と思える瞬間がそこにはあります!!
ギャンブルだけでないのが競馬の魅力でもあるのでロマンで馬券を買うのもアリです!!
実際に僕も昨年のダービーでは、”平成最後のダービー”ということで大好きなディープインパクトの子供、そして同じ勝負服のワグネリアンを本命にし、見事にダービー馬の座に輝いてくれました。
ホースマンみんなが憧れるのが日本ダービーであり、我々競馬ファンもいちホースマンです!
その感動を余すことなく体感しましょう!
ぜひお近くの方は東京競馬場へ!

ABOUT ME
アバター
鈴木ショータ
競馬記者! ギャンブルだけでない、 競馬のロマンと感動を 多くの人に伝えていきたいです!! 夢は最高入場者数19万6518人を集める!!
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!

うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、競馬求人の最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!