エンタメ

【2019年版】GIレース紹介!「安田記念」の位置づけ、レース傾向、注目馬を紹介!

競馬の祭典、日本ダービーが終わった翌週にもGⅠ開催!
それが春のマイル王決定戦、安田記念です!
今回は安田記念のレース名の由来や、レースの位置づけ、そして予想に関して役立つデータを紹介しています!
現時点での注目馬をまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

「安田記念」ってどんなレース?

安田記念のレース名の由来は日本中央競馬会の初代理事長を務めた安田伊左衛門氏に由来します。
東京競馬場5週連続GⅠ競走の5つ目となります!
「春のマイル王決定戦」という位置づけとして存在し、秋のマイルCSと合わせてマイル王の座を争うレースとなります。

出走条件は3歳以上!
5月には同じ舞台でNHKマイルCも開催されているので、そこで好勝負した3歳馬がそのまま古馬(4歳以上)に挑むこともたまにあります!
過去10年で連対馬(2着以内)20頭のうち8頭が6歳以上で、高齢馬の活躍も目立つレースです。

鈴木ショータ
鈴木ショータ
ちなみに有馬記念は2代目理事長の有馬頼寧氏に由来しています!!

「安田記念」予想についてレースの特徴

ここからは馬券購入の際に役立つデータを紹介していきます!
ダービーの後で一旦熱気は落ち着いてしまうファンも多いと思いますが、財布はいつもホクホクの方が嬉しいですよね!!?笑

今週も馬券検討の際にぜひ参考にしてみてください!

「血統」から見たレース傾向と見解

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ディープインパクト2- 1- 2-27/326.3%9.4%15.6%
シンボリクリスエス1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%
ローエングリン1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%
スクリーンヒーロー1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%
タニノギムレット1- 0- 2- 6/ 911.1%11.1%33.3%
キングカメハメハ1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%
ハーツクライ1- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%
エアジハード1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
Frankel1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
サクラバクシンオー0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%

集計期間:2009. 6. 7 ~ 2018. 6. 3
ソート:着別度数順

勝利数1位こそディープインパクトですが、「切れる脚」が武器となるサンデーサイレンス系がほとんどランクインしていないのが特徴です!
サンデーサイレンス産駒はGⅠを勝ちまくってきましたが、秋のマイルCSが6勝なのに対して安田記念はたった1勝です。
唯一サンデーサイレンス産駒で勝利したダイワメジャーもサンデーサイレンス産駒の中では「切れる」よりも「粘る」タイプで、少し異質なタイプでした。

つまり安田記念では、「切れる脚」よりも「持久力」が問われるレースだと言うことです!
持久力勝負に強いのが、シンボリクリスエスやスクリーンヒーローのようなロベルト系です。
ハーツクライやタノニギムレットのようなグレイソヴリン系も持続力に長けています。
今年の登録馬の中で血統的に適性がありそうなのは、グァンチャーレ、ダノンプレミアム、ロジクライの3頭です!
ロジクライはレースぶりなど見てもタフな流れに強いので安田記念向きの馬である可能性は高いと思っています!

「枠順」から見たレース傾向と見解

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0- 2- 2-15/190.0%10.5%21.1%
2枠2- 2- 2-13/1910.5%21.1%31.6%
3枠1- 1- 1-16/195.3%10.5%15.8%
4枠0- 0- 1-18/190.0%0.0%5.3%
5枠4- 1- 0-15/2020.0%25.0%25.0%
6枠0- 2- 2-16/200.0%10.0%20.0%
7枠2- 1- 1-22/267.7%11.5%15.4%
8枠1- 1- 1-25/283.6%7.1%10.7%
1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%サクラバクシンオー0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%

集計期間:2009. 6. 7 ~ 2018. 6. 3

枠順による大きな有利不利はないと言えます!

開催も進み5週連続でGⅠも行われていますが、Aコース→Bコース→Cコースと順に柵を移動していくため、芝の傷みが分散しやすく安田記念も綺麗な馬場で開催することができています。
近年では馬場管理の技術も向上しており、開催後半だからと言って決して「外差し馬場」一辺倒になることはありません。
そのため予想の際には枠順で大きく評価を上げたり下げたりせずに、他のファクター(要素)を参考にするのが賢明かと思われます!

前走のレース別分析

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
京王杯スG22- 3- 2-30/375.4%13.5%18.9%
ダービーHG32- 0- 0- 5/ 728.6%28.6%28.6%
ヴィクトG11- 1- 0-11/137.7%15.4%15.4%
高松宮記G11- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%
NHKマG11- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
安土城SH1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
メイS1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
DDFG11- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
産経大阪G20- 2- 1- 3/ 60.0%33.3%50.0%
マイラーG20- 1- 6-35/420.0%2.4%16.7%

集計期間:2009. 6. 7 ~ 2018. 6. 3
ソート:着別度数順

どのレースからもまんべんなく優勝馬が出ています。
結論から言えば、「どのレースを使っていたか」よりも「どんなレースをしてきたか」を検証するのが良いと言えます。

例えば、安田記念の前哨戦として存在している京王杯SCは勝利数は2となっていますが、実は京王杯SCの優勝馬だけの安田記念の成績を分析すると、【0・1・1・6】です。
「京王杯SCの勝ち馬は安田記念では積極的に買いにくい」というのがこちらのデータからは読み解くことができます。
反対に京王杯SCを使って安田記念を勝ったストロングリターン、サトノアラジンはそれぞれ京王杯SCでは4着、9着と敗れていました。
さらに大きなくくりで分析してみると、
京王杯SCの1~3着馬の安田記念の成績は連対率10%しかないのに対し、
4~18着だった馬は連対率17%もあります。

つまり「京王杯SC組は4着以下に敗れていた馬の方が買い」というデータになります!

これは単純に京王杯SCが前哨戦としての位置づけなので仕上がりが100%でなかったり、そもそも距離が1400mと今回の安田記念にはリンクしにくいことなどが要因として考えられます。

2019年「安田記念」今年の注目馬は!?

ここからはレースに出走を予定している馬の中から個人的な注目馬をご紹介します!
今年はまれにみる好メンバーで特に注目が集まる2頭は…!!?

※最終的な出走馬はJRA等の情報をご確認ください。

ダノンプレミアム

7戦6勝と負けたのは一度のみ!
それも2400mのダービーでのもので、今回と同じマイル戦では無類の強さを誇っています!
前回のマイラーズCは勝ち時計こそ目立ったものではないですが、レースの上がり32秒3は京都競馬場史上最速のタイム!
従来の最高タイムが33秒0だったことを考えると、これは凄まじいタイムだと言うことがわかります!
それだけまだ最後に余力があったということで、その強さは見た目以上のものと判断できます。

アーモンドアイ

ダノンプレミアムとの2強対決が注目されています。
「現役最強馬」の枠を超えて、「史上最強牝馬」または「史上最強馬」との声もあがっている名馬です。
アーモンドアイも8戦7勝とほぼ負け無しで、それも牝馬3冠に加えジャパンカップ、ドバイターフと世界を相手にも楽勝する走りを見せています!
「マイル戦ならダノンプレミアムかアーモンドアイどちらが強いのか」というファンのワクワクは近年の競馬においてもめったにない高揚感だと言えるでしょう!

ステルヴィオ

3歳にして秋のマイルCSを制しマイル王の座に輝いた馬です。
例年なら「現時点でのマイル王者」と言われもおかしくないですが、上記2頭の陰に隠れてしまっているのが正直なところです。
ステルヴィオもマイル戦では4連4連対と底を見せていないので決して侮れない存在です!

インディチャンプ

福永祐一騎手は昨年末に年間100勝目をインディチャンプとのコンビで達成。
レース後のインタビューでは「来年はこの馬で一緒にGIに行けたらと思っている馬です。」と語ったほど素質を見込んでいました。
マイラーズCではダノンプレミアムの前に4着と敗れてしまいましたが、成長力のある4歳馬だけにどこまで上向いてくるかに注目です!

まとめ

今年の焦点はなんといってもダノンプレミアムVSアーモンドアイの対決でしょう!
香港の最強マイラービューティージェネレーションが回避となってしまったのは残念ですが、歴史的な一戦になることは間違いないです。
とは言っても2強だけで決まることはなく、馬券に絡む馬は3頭いるので個人的には残ったもう1枠を狙える馬を本命にしたいと考えています!
本命党も穴党もワクワクが止まらないレースになると思うので必見のレースですよ!

ABOUT ME
アバター
鈴木ショータ
競馬記者! ギャンブルだけでない、 競馬のロマンと感動を 多くの人に伝えていきたいです!! 夢は最高入場者数19万6518人を集める!!
「うまペディアLINE@」会員募集中です!!

うまペディアでは、LINE@会員を募集しています!
LINE@限定情報や、競馬求人の最新情報などを随時更新中♪
「うまペディアをもっと知りたい!」
と思ってくださる方は是非、気軽にご登録ください!!